5G時代のエロ動画

5G時代の情報端末

5Gでエロ動画はどう進化していくのか?

日本では2019年から順次スタート予定の5Gですが、既に商用ベースでアメリカで始まっています。

2020年には東京オリンピックがありますから、国は急いで整備を進めているようだけど、まだ若干の遅れがあるようです。

最近スマートフォン市場がダブついているみたいだけど、5Gがいいカンフル剤になってくれると良いんですが。

5Gの特徴は最高10Gbpsの「超高速」、1ミリ秒程度の「超低遅延」、1平方kmあたり100万台の「多数同時接続」らしい。

こうなってくるとユビキタス社会の本格的な到来を意味します。

いつでもどこでも5G技術により、超高速のインターネット通信が可能になります。

エロ動画も最近コンテンツが揃い始めている3Dが主流になり、遅延が起こらないことで、ますます快適なエロライフが送れるようになるでしょう。

ストリーミング技術はそのまま進化を継続するだろうけど、驚くべきはそのダウンロード速度です。最高10Gbpsがどれくらい速いかというと、現在主流のLTEが最高150Mbpsなので、単純にいって70倍。

LTEが3Gのときの約15倍の速度だったので、5Gの体感速度はさらに増すでしょう。

エロ動画と5Gとオンラインストレージ

5Gで速度がめちゃめちゃ速くなってダウンロードが一瞬で済むようになると、エロ動画などのコンテンツをオンラインストレージに保存する動きが加速していくと思います。

ただでさえ、ハードディスクのコストは高いし、頻繫に使用していると故障するリスクもあります。

そこでクラウドです。クラウド技術を用いて、オンライン上にストレージ領域を持つことには大きなメリットがあります。

①PCやスマホや外付けハードディスクが壊れても、データが安全。

②持ち運ぶ必要が無いので、外出先などでいつでもどこでもアクセス可能。

③セキュリティがしっかりしているので、うっかり誰かに見られる心配がない。

国内大手のDropboxの有料プランが2TBで119.88ドル/年。

google driveの有料プランが2TBで9.99ドル/月。

どちらも値段は大差ないですが、まずは無料版を使ってみて使い勝手の良い方を使ってみたらよいと思います。

dropboxのインストール
googledriveのインストール

5G時代のエロ動画の行方

先程書いたように、5G時代のエロ動画は3Dが主流になると思います。

3DSのように肉眼で3D動画が見れるようになれば、余計なデバイスは不要になりますし、目が疲れてきたら、2Dモードにするなど配慮された動画共有サービスが登場するのではないでしょうか?

5G時代のエロ動画はますます共有される。

ダウンロードが高速になるということは、アップロードも高速になるということ。

ますますアップロードする人は増え、共有動画全盛の時代がやってきます。

もはやその時代には著作権など意味がなくなり、共有動画サイトに公式動画をアップする企業がますます増えてくるのではないでしょうか?

誰もが共有する時代です。オリジナルの動画を製作することはその分価値が上がるでしょうし、youtubeのように共有動画サービスでの再生回数や有料サービスへの誘導で稼ぐ企業や個人がますます増えていくのではないでしょうか?

今でこそ、FC2コンテンツマーケットのようなプラットフォームが動画の供給を担っていますが、一瞬で長編の動画が共有される時代が来たら、そもそも意味がなくなってしまいます。

製作者も、より稼げるプラットフォームに流れるでしょうし、そういう意味ではpornhubなどの共有動画サイトは次世代のプラットフォームになり得ます。

事実、DTIなどは著作権の主張はするものの、公式動画を共有動画プラットフォームに供給することで、有料動画サイトへの誘導を狙っていますし、他のオリジナル動画を製作している企業も同様のことをするようになるでしょう。

5G時代はエロ動画好きにとっては最高の時代。

いつでもどこでも、3Dのエロ動画が見れたら最高なんじゃないでしょうか?

ストリーミング技術も進化してますし、遅延がほぼ無くなれば快適なエロライフが送れるというもの。

とはいえ、まだもう少しの間、テクノロジーの進化には時間がかかりますので、その間はご辛抱を。

5G時代のエログの在り方

これからはコンテンツを作る人やそれを紹介する人に恩恵がある世の中なので、動画のキュレーションメディアを目指すのもアリかと思います。

AIが進化して自動でスクリーニングして自動で記事を作るようになると、物量では勝てなくなりますので、個人のエログが生き残る道は質的な進化しかありません。

より専門的なスキルを持つサイトが勝つ時代です。

そして、エンターテインメント。

エンターテインメントが苦手な日本人だからこそ、エンターテインメントとしてのエログを極めたサイトが人気を集めるでしょう。