アダルトサイトSEOの成功事例を紹介!!人気アダルトサイトから学ぶSEOの極意。

エログの作り方
ブログ リサーチ

巷には人気エログというものがあります。

「人気エログ」とは何か、はまた今度記事にしますが、人気エログ(成功したエログ)の中にも色んなジャンルがあって、とりわけSEOで成功した人気エログを今回はご紹介します。

完成度の高さは一級品!! AV女優無料動画まとめ Mega Erolinks 2G

AV女優無料動画まとめ Mega Erolinks 2G

AV女優まとめブログの老舗です。

弊エログ初代の「yourfilehostでいこう!」と同期なのでナント12年。

その中でいろいろあったのはずっと見てきたので知っているのですが、ここでは書きません。

基本スタイルは初期とほぼ変わらないものの、細部にわたる完成度の高さは年々磨きがかかっているようです。

文体はちょっと真似できませんが、オリジナリティあふれる文章はぜひ真似したいところ。

AV女優無料動画まとめ Mega Erolinks 2Gのキタこれ!】

  • 質・量ともに満足度の高い記事。
  • オリジナルの文章を書いている。
  • 徹底したまとめブログ。
  • 広告のレイアウトがバランスが取れている。
  • 管理人が実際に購入したレビュー記事がある。

女性向けエログの決定版!!わたしが見たいアダルト動画

わたしが見たいアダルト動画

はじめてこのサイトを見たときは「やられた」と思いました。

サブタイトルの、「女性が選ぶ、女性のための、女性にやさしい無料で見れるアダルト動画」がこのサイトの全てを物語っています。

女性目線のエログってありそうで無かったんですね。

このブログで注目したいところは、サイドバーにある「男優」のカテゴリー。

(AV男優とは書いてません。)

男優で動画を選ぶサイトってほぼ皆無なので、これは秀逸。

デザインはかなり凝ってる印象です。

広告は少なめですね。

わたしが見たいアダルト動画のキタこれ!】

  • 徹底した女性目線。
  • 男優でカテゴライズ。
  • デザインがかわいい。
  • エログの概念を覆した。
  • 「性活新聞」のカテゴリーで長文を掲載している。
  • 女性の性に関するコミュニティとして成立している。

徹底したユーザビリティ!!同人誌・エロ漫画の誰得エロ漫画

同人誌・エロ漫画の誰得エロ漫画

かゆいところに手が届くというか。

徹底して作品名、キャラ名でカテゴライズされており、タグでジャンル別に検索できるところなど小憎い演出です。

エロ漫画系エログというと雑多な印象がありますが、案外芸が細かいというかディテールを作りこんでいるサイトが検索上位サイトに多いですね。

ユーザーがどうすれば使いやすいか、とエログSEOを両立させた素晴らしい例です。

検索エンジンだけで集客できそうなのに、アクセストレードもちゃんとしてる。

抜け目ないサイトだな、と。

同人誌・エロ漫画の誰得エロ漫画のキタこれ!】

  • 高いユーザビリティ。
  • ディテールにこだわったサイト作り。
  • 自サイトの紹介を他サイトに向けてちゃんとしている。
  • 著作権者への配慮をしている。
  • アーカイブとして見れる。

レビューエログのもはやレジェンド?日刊エログ

日刊エログ

AVのレビューサイトってけっこうあるんですが、ここまでやり続けたら、こうなったという良い例。

文章量も画像も豊富で、ユーザーが求めることをちゃんとやっている印象。

老舗なので、アクセストレードなども参考になります。

日刊エログのキタこれ!】

  • まとまった量の文章を書いている。
  • ツィーターでユーザーとの交流をちゃんとしている。
  • 毎日2記事以上更新。
  • 16年間の積み重ね。
  • カテゴリーとタグできちんと整理されている。

豊富な情報量!!海外優良エロサイト

海外優良エロサイト

お得な情報ってみんな好きですよね?

このサイトは「海外エロ」に限定したレビューサイトです。

まとめ情報の質の高さは数あるレビューサイトの中でもトップクラス。

曲がりなりにも、レビューをかじっている者ならぜひ参考にしたいところ。

海外の有名エロサイトから割引オファーが来るなんて、めったにないスゴイことです。

海外優良エロサイトのキタこれ!】

  • 豊富な情報量
  • 適切で分かりやすい評価。
  • サイト概要と歴史の記述などサイトに関する情報が揃っている。
  • モデル情報や作品情報が正確で分かりやすくまとまっている。
  • 海外エロに特化したニッチなジャンルのサイト。

以上です。

まだまだ紹介したいエロいサイトはいっぱいありますが、またの機会に紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました